読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

ネメシスの重量設計の概要~使用したいルアーからロッドとリールが決まる話。

f:id:studioazca:20170402005609j:plain

本日、某牧﨑で泳いで渡礁して色んな意味で寒い目にあったアスカです。春先の海水にシャワークライミングスーツにレインウェアーだけでは冷たかったです。ウエットスーツ欲しいです。

続きを読む
広告を非表示にする

キャスティングにおけるルアー重量とラインの号数についての理由なき目安。

これはあくまで、僕の目安であり、数学的な定義とか大宇宙の法則とか定説とか真理じゃないんで、そこんところ宜しく♪

 

あらかじめ、ナイロンラインの標準線径とオモリの号数の由来を書いときます。

 

ナイロンライン1号の由来、『なぜ、線径が0.165mmなのか?』は、テグスサンの絹糸腺から作った釣り糸(天蚕糸)の5尺(約1.5m)分の重量を量り、4毛から1分2厘までの14種類に分けられて売買されていたことに由来する。この内1厘の太さがおよそ0.165㎜であった。後に東洋レーヨン(現東レ)が国産初のナイロンライン『銀鱗』を1947年に発売する際、1厘の太さを1号と定めたことが発祥と言われております。

 

オモリ1号は1匁(もんめ)=3.75gです。ガン玉は元々、散弾銃の弾です♪

 

では、何となくシックリくる理由なき目安を紹介します。

続きを読む
広告を非表示にする

プロマリン(PRO MARINE)のチープなルアー『クロスファクター(CROSS FACTOR) 』

こんにちわ♪

『PSYCO(サイコ)』っていうスペル見ると、どういうノリで『サイコ』と読んで良いのか分からないアスカです。

f:id:studioazca:20170331104331j:plain

何故か、最近、ロッドやガンダムなどで、目にすることが増えました。

f:id:studioazca:20170331104412j:plain

コックピットが顔面なのが未だに解せません・・・。被弾率高いぞ♪

 

サイコと言えば、ルアーもあります。

先日、セットで999円のルアーを買いました。それがコチラです。

f:id:studioazca:20170331102723j:plain

store.shopping.yahoo.co.jp

 

どっかで見たことがあるカタチですね。

では、一つずつ紹介していきましょう♪

続きを読む
広告を非表示にする

それはスピンキャストというには、あまりにも大きすぎた。そして大雑把すぎた。【ZEBCO 33® Gold Spincast Reel】

それは リールと言うには あまりにも大きすぎた

(・・・というほどでは無い)

f:id:studioazca:20170331000835j:plain

続きを読む
広告を非表示にする

スピンキャストのサイズアップを検討中・・・。

スピンキャストにエステルライン0.4号を200m入れて、バンタム蠍の1600SSでアジングしてみたら、1~3gのジグやジグタンの調子が、かなり良かったんで、次なるスピンキャストのタックル構成を考えてみました。

 

studioazca.hatenablog.com

 

続きを読む
広告を非表示にする