読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

船尾で使うリールは1回転85cmくらいのローギアー(PG)が良い。PENNスピンフィッシャー650ssmの糸巻き形状の調整方法を紹介。

船尾で使えるPE3号でNEMESIS150(全備重量50gほど)が使えそうなタックルにオススメしたいロッドは、長さ7.4ftでダブルフットのステンレスガイドで組んだキャスティングロッドです。リールは巻き取り能力が【85cm/1回転】くらいが丁度良いのでPENNの650s…

船尾で使える安くて性能も、そこそこ良いキャスティングロッドの紹介。ドルフィンフィッシュスペック CDS-74Mなど

※丁度良い写真が無いので使わせて頂きました。 汐巻・見島の遊漁船さくら丸 粟野漁港か大浦漁港から出船します。 船尾はスパンカーやオーニングがあるとキャストするにスペースの制限がありますので、キャストモーションは出来るだけコンパクトにした方が良…

キャスティングにおけるルアー重量とラインの号数についての理由なき目安。

これはあくまで、僕の目安であり、数学的な定義とか大宇宙の法則とか定説とか真理じゃないんで、そこんところ宜しく♪ あらかじめ、ナイロンラインの標準線径とオモリの号数の由来を書いときます。 ナイロンライン1号の由来、『なぜ、線径が0.165mmなのか…

オフショアキャスティング用ペンシル【Stick Bait】理論から分かるルアーの選び方

これでも一応、公認されることを今か今かと待って居たりする世界一を自負しているルアービルダーなんで、『貴方のタックルに合ったルアーの選び方』を書きます。 オフショアで使われるキャスティング用のダイブペンシル(通称:ダイペン)って、お店に色々あ…

オフショアキャスティング用ペンシル【Stick Bait】理論から分かるルアーの選び方を読む前に『貴方のタックルに合ったラインの選び方』

これでも一応、公認されることを今か今かと待って居たりする世界一を自負しているルアービルダーなんで、『貴方のタックルに合ったルアーの選び方』を書きます。 オフショアで使われるキャスティング用のダイブペンシル(通称:ダイペン)って、お店に色々あ…

ジギングとキャスティングのゲーム性の違いについて(キャスティング編)

釣果UPするんだけど、コツじゃなくて、考え方というか、取り組み方を書きます。 ジギングとは『勝者のゲーム』キャスティングは『敗者のゲーム』です。

ルアーは最高速度~ブリ・ヒラマサはルアーの大きさや色よりもスピードをアジャストすべし。

今まで、このような経験をしたことは御座いませんか? ジギングの時、ワンピッチジャークがぎこちない女性や初心者だけがよく釣れる日があった。 鯛ラバやインチクを回収しようと、早巻きしたら、青物やシーバスやヨコワが釣れた。 奥の手だと思っているジギ…

三角関数的にジャークしやすいリールとロッドの組み合わせ

先に結論を言うと、ジャークしてリールを二回転させたら丁度良いラインスラッグが出るとジャークしやすいです。 例えば7.6ft=約232cmであれば