三角関数的にジャークしやすいリールとロッドの組み合わせ

先に結論を言うと、ジャークしてリールを二回転させたら丁度良いラインスラッグが出るとジャークしやすいです。 例えば7.6ft=約232cmであれば