読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

ワンピッチジャークを分解する。

プラグビルダーのジギング持論

ワンピッチジャークが最適解なのか?

船に乗ると、猫も杓子もワンピッチジャークですね。あと、テクニックを披露したいのか??無意味なコンビネーションジャークとか・・・。一生懸命、色んなジグをチェンジしても、色んなジャークを試す人は殆どいません。

ジグを変えても、ジャークを変えなきゃ意味がありませんし、そもそもジグのチェンジも意味がないです。撃投のレベルのような使いやすいジグがあればいいし、ジグの重さはメインラインの号数と、そのエリアの水深に依存します。

 

かといって、変な流行みたいなジャークを無闇に引き出しにしたって、それも意味がないです。楽器でいうとフレーズのコピーです。みんなと同じことが出来ても、そこから抜きに出ることは出来ないでしょう。

まずは、それぞれのジャークのモーションを細分化して解析して、本当に意味があるものなのか、その有効な部分を拡張させるとか縮小させるとかして検証する必要があります。

 

 

では、魚は、ロッド操作の、どのタイミングでHITすることが多いか??


ワンピッチジャークのロッド動作は、『上方向にシャクル』と『ロッドを下げる』の2アクションです。ロッドで、この2アクションを行う間にリールを1回転させることが基本動作です。

 

殆どの場合、

 ロッドを下げて次のシャクリを入れようとしたときに『釣れていた』ことを認識。

ではないでしょうか?

ということは、ロッドを下げている間には既に、魚が口を使っていたということになります。

 

もしも、ロッドを下げて次のシャクリを入れたとき、つまりジグの動きが下方向から急に上方向に切り替わった時に喰ってきたのなら、ロッドを上げている最中にジグを引っ張られる訳ですから、中層で根掛かりした感覚にはならないので違いますね。

今までのジギングは『掛けた』というよりは『掛かってた』なんですよね・・・。

 

 

ロッドを下げている操作のとき、ジグはどのような状態か?


ジグは鉛なので、フォールしています。つまり、フォールという動きで喰ってます。しゃくり上げている(上方向への動き)最中は、あまりHITしません。しかし、同じ上方向への動きでも鯛ラバやインチク同様、着底からの巻き上げ数回転以内にHITする場合は多いので、この場合は要警戒です。

 

となると、『フォール』という動作を拡張させればいいってことになります。通常のジギングでシャクる時のアクションをフォールで演出するイメージです。上方向への動きはあくまで、フォールさせる為の高さを稼ぐだけの為のもの・・・というイメージです。

 

そして、ココが大事なんですが、フォール中のアタリを検知する必要があります。検知して『魚を掛ける』ことが出来れば『魚が釣れてた』じゃなくて『魚を釣った』ってことになりますね。


フォール中のアタリを検知する方法

低伸度・高感度と言われているPEラインとて、比重が軽いので、ラインが弛んでいる場合、感度は全くと言っていいほど無くなります。なので、無負荷に、らせん状にラインが放出されるし、巻きあげるときはベールをいちいち起こす必要があるスピニングよりはベイトリールの方が使いやすいです。

軽くサミングして、アタリはラインの動きを注視します。不自然な動きをしたらクラッチ切って、空アワセします。

ラインの不自然な動きとは、ラインが左右に振れたとか、ラインの送り出すスピードが急に変わったとかです。


ハイスピード・フォール

 

ある程度、落とす高さを稼ぐためにラインを巻き上げて、ロッドを上にあげて、一瞬、ラインにテンションを入れてジグを縦姿勢にしてから、ジグのフォールスピードに合わせてロッドティップを追従させる方法です。ドFな撃投ジグはコレが得意です。

『ハイスピードフォール』は、青物・マグロなどの回遊魚のHIT率が高いフォールです。

コツはラインのテンションを張らず緩めずといった感じです。長いジギングロッド程、アタリを獲る幅というか『間』を作ることが出来るので、8ftくらいのジギングロッドを使っています。

 

動画で見せれば分かりやすいと思うんですけど、撮影してくれる人が誰もいないんだよね。

 

 Studio AzcAのFACEBOOK
(この文字をクリック)

 

 

広告を非表示にする