スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

名作とは『スタンダード』~伊勢尼は釣針界のコルトガバメント(^^♪

針に拘りたい

釣り針は、魚との唯一の接点。なので、私は一番重要な釣道具だと思います。『リール』『ロッド』は魚からもっとも遠い存在なので、実は釣り針ほど重要ではないのではないかと考えています。

 

なので、あまり語られることがないフックについて、この記事では拘ってみたいと思います。

 

名作とはスタンダード

名作とは、超画期的で革新的で革命的な変わり種なんでしょうか??

名作が生み出されると、それが普遍的な存在になります。

普遍とは、

  1. 全体に広く行き渡ること。例外なくすべてのものにあてはまること。
  2. 特殊・個物に対して、ある範囲のすべての事物に共通する性質。

ようするに、後世ではスタンダードな『ドFな存在』なんです。

f:id:studioazca:20160827005614j:plain

例えば、軍用自動拳銃の名作といえばジョン・ブローニングが考案したM1911(通称:コルト・ガバメント)じゃないでしょうか?

 

誕生以来大半のパーツのほとんど設計が変わっていないため、非常に豊富なカスタムパーツが存在し、使用者の好みに合わせてカスタムしやすい銃でベレッタ92Fが後継になり制式を解かれた後もアメリカ軍とその特殊部隊で使われ続けています。銃の使用年数を加算すると100年を超え、一部はアメリカ軍に配備されてから90~100年以上も使用されているものもあります。

 

最高傑作でありながらスタンダードな釣り針

f:id:studioazca:20160827011417j:plain

釣り針では、『伊勢尼』がそれにあたります。海で使う針の基本形ですね。何故、この針が基本形なのかは、この針の派生形の針も傑作揃いだからです。まさに釣り針の原点です。

海の釣り針の原点とも言うべき『伊勢尼』ですが、現代においても、この針を超える針は存在しないと言われております。理由は、生み出されるまでに掛けてきた魚の数というか、試行回数や経験、歴史が圧倒的に違うからです。日本刀で古刀が(平安時代末期~西暦1595年まで)現代の技術で再現できないのと同じような感じです。

 

f:id:studioazca:20160827012713j:plain

伊勢尼の特徴は、

 

  • 軸が太く大物が掛かっても曲がったりしない。
  • 懐が深く針掛かりが良い
  • 軸が短いので食い込みがいい(呑み込みやすい)

欠点は・・・

  • 軸が太く、生き餌を弱らせてしまう。(アシストフックなら関係無し)
  • 軸が短く、針掛かりが浅くなることがあります。

 

名作の派生形は傑作揃い

・チヌ針

伊勢尼よりは丸くやや懐が狭い
呑み込んで吐き出すとき、掛かりがいいように針先にひねりがつけられている
伊勢尼より軸が長いため餌が刺しやすく、針も外しやすい
活き餌も刺せるやや細目の軸

 

・アブミ針

伊勢尼の形はそのままに、軸を格別に細くして小物専用にした針

 

・丸セイゴ

楕円状で餌を呑み込みやすい形状、強度にも優れる
針先が内向きのため、いったん掛かると針は外れにくい
針先がねむっているため根かかりが少なく、ブッコミ釣りにも向いている
合わせたとき奥で掛からず唇でかかるため、呑み込まれにくい

 

・マダイ針

伊勢尼の軸を長くしたものです。長いため餌を刺しやすいだけでなく、呑み込まれたときチモトが魚の歯に当り、糸が切られるということを少し予防します。

 

・グレ針

伊勢尼の軸を短くしたものです。吸い込むように就餌するグレに合わせて考えられたものです。チヌなどに比べるとかなり小さい針を使うため、強度がある太地です。

 

素材の改良で更なる進化

f:id:studioazca:20160827002201j:plain

名作と言われる伊勢尼ですが、ヤマイからステンレス製で商品化され、結構大きいサイズまでリリースされています。しかし、オーナー針やカツイチに比べて知名度が低いメーカーだからだと思いますが、残念ながらお取り扱いがある店が少ないです。見かけたら試してみて下さい。

f:id:studioazca:20160827012643j:plain

 


ステンレス製なので錆びにくく、アシストフックとして利用すれば長く使うことが出来るので、コストパフォーマンスに優れています。


そして、この太めなフックにも関わらず、かなり軽量です。フックが軽量であることの利点はジグアクションにおけるアシストフックの理想形を考えればお分かり頂けると思います。

アシストフックの理想とは重量ゼロのアシストフックです。何故なら、ノーフック状態のジグの動きこそ、そのジグのベストパフォーマンスだからなのです。

 

というわけで、ステキ針の『ステンレス伊勢尼』は如何でしょうか??っていう話でした。

 

ところで皆さん・・・子供の頃から映画の宣伝を見てて思ったんですけど・・・

 

 

 

f:id:studioazca:20160827011606j:plain

トム・クルーズの『最高傑作』って、結局のところ何??(笑)

 

Studio AzcAのFACEBOOK
(この文字をクリック)

 

 

広告を非表示にする