スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

ジギングとキャスティングのゲーム性の違いについて(ジギング編)

釣果UPするんだけど、コツじゃなくて、考え方というか、取り組み方を書きます。


ジギングとは『勝者のゲーム』キャスティングは『敗者のゲーム』です。

テニスの試合に例えると勝者のゲームとは、『プロのテニス』

 


お互いにミスショットをしないので、勝ち取りにいかないとポイントが取れません。
ジギングは、魚からのアタリを獲りにいかないと釣れません。そのアタリを他人よりも多く獲るために、ジャークパターンの中に

※食わせる為だけのセクションを入れる。
(これが、いわゆる喰わせの間であり、ジグを止める事とは限らない。)


食わせる為だけのセクションは、多ければ多いほど、チャンスが多くて良い結果が出るように思うかもしれないが、狙いどころが分散してしまい、個人差はあると思いますが集中力を持続させることが困難です。

集中力を保ち、確実にアタリをフッキングするために、ここぞという部分で入れます。

youtu.be

動画の右側の人のジャークは、振り上げる動きが凄い派手ですが、あくまで、ジグを魅せるアクションであり食わせではないです。地味ですけどロッドを下げているところに着目してみて下さい。これが食わせのセクションです。ココが大事です。


普通、ワンピッチジャークで(リールを1回転巻きながら竿を上げる→竿を下げる→竿を上げてたら掛かってた)という感じでしょう。これでは、アタリを獲ったわけではないので意図的に釣ったとは言い難く、アタってから、即合わせじゃないと一瞬でジグを離しちゃう魚も居るんで、獲れるアタリを確実にモノにした分だけ、釣果に差が付きます。

なので、ジギングは『勝者のゲーム』と言えます。

じゃあ、実際に、どのようなジャークをすれば意図的に釣ることが出来るのか??です。

組み合わせは自由ですが、例を出しときます。

ジャークパターン1『小学生でも200gのジグを使う方法。』

タダ巻き→タダ巻きしながらロッドを振り上げる→巻きを止めてラインを張らず緩めず(ジグの重さを若干感じる程度)でロッドを降ろすタダ巻き6回転→以下繰り返し。

赤文字のセクションでアタリをアワセます。


ジャークパターン2『エギングチックなジギング』
細かくて速いワンピッチジャーク×3→ベールを返さず、そのまま張らず緩めずのテンションフォールタダ巻き6回転→以下繰り返し


どの釣り方でもそうですが、フォール中とか、フォールからの即巻きとかで喰ってくる可能性が高いんで、そこに的を絞ることをお勧めします。

Studio AzcAのFACEBOOK
(この文字をクリック)

 

 

広告を非表示にする