読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

ABUのアンバサダーはミニ四駆のように遊べる。

f:id:studioazca:20161119224128p:plain

子供の頃にミニ四駆に夢中になった34歳のオジサンと言えば僕の事です。

 

 

f:id:studioazca:20161120001526j:plain

ウィニングバードとかライジングバードを改造するとカッコ良かったです。

f:id:studioazca:20161119224421j:plain

1982年生まれはダッシュ四駆郎世代ですね。

 

 

f:id:studioazca:20161119224520p:plain

んで、4歳下くらいが『烈&豪』だと思います。

 

ミニ四駆の何が面白かったかといえば、改造パーツの数々で、自分だけのマシーンが作れたことですね。そして、いつの間にか5・6台のマシーンを組み立てられるくらいパーツを買い込んでいたり・・・

 

f:id:studioazca:20161120001244j:plain

・・・そんな現象が、釣具にもあります。

 

f:id:studioazca:20161119224748j:plain

ABUのアンバサダーGUNNERです。パーツのカラーを少し変えている程度ですが、ノーマルとはかなりイメージが違います。

f:id:studioazca:20161119230056j:plain

色は、このガンダムをイメージしました。

 

f:id:studioazca:20161119102301j:plain

 コッチがノーマルのGUNNERです。

中古釣具は釣りバブル期(1990年代)の釣具がおススメです。理由は定価がかなり高く、デフレ期では考えられないくらいの青天井で材料コストが、かなり掛かっている場合が多いからです。

 

f:id:studioazca:20161119225124j:plain

本当はアルミギアですが1997年製のUCHighspeedウィンチのステンレスギアを付けてます。こういう事は、他のリールでは出来るケースが少ないと思います。

 

様々な仕様や色のモデルが出ており流用できるパーツも多いので壊れても部品取りとして活用できるので無駄になることがありません。

 

f:id:studioazca:20161119122255j:plain

先程のGUNNERを岸壁サビキ用にパーツを換装しました。ジギングで交換した使い古しのPE4号を活用する為、4号100m巻いて使用します。

 

例えば、このリールのレベルワインドを・・・

 

f:id:studioazca:20161119233915j:plain

f:id:studioazca:20161119233959j:plain

こっちの方に変えてみるとか出来ます。

(エライ初歩的ですけど・・・)

 

 

f:id:studioazca:20161119230348j:plain

クラッチが破損していても真ん中のフレームを取り換えれば問題なく使えますし・・・コイツはクラッチが破損しているんで、心置きなく面白いことが出来ます。

 

 

ABU アンバサダーに便利なツール集

 

外径10mm・内径4mm・厚さ4mmのベアリングです。ステンレスよりも硬い高炭素鋼ですが、それよりもステンレスの方が腐食性に優れていて、普通のステンレスよりもSUS440Cマルテンサイト系ステンレスの方が硬いので、こちらのミネベアかNSKのベアリングがおススメ。


f:id:studioazca:20161125141101j:plain

f:id:studioazca:20161125233207j:plain

f:id:studioazca:20161125141114j:plain

使用していますが、特に問題無し。

 ベアリングは、外径と内径と厚みが分かれば型番は一つに絞れますので、デジタルノギスで計測すれば、ベアリングを選ぶことが出来ます。スプールの調整ワッシャーやドラグワッシャーを計測できるようになるので、整備の幅も広がります。

 

インチベアリングに遭遇しても大丈夫なように、インチの切り替えがあるヤツにするか、0.01スケールのヤツにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする