スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

スピンキャスト×エステルライン

f:id:studioazca:20170316234743j:plain

アメリカのスピンキャスト老舗メーカーZEBCO【ゼブコ】

オメガ Z02 PRO【機種はプロじゃない方がおススメ】

 

 

f:id:studioazca:20170317004930j:plain


ゼブコは、1932年までは石油採掘用の時限爆弾を作っていましたが、1947年から現在に至るまでスピンキャストリールを製造したアメリカの老舗メーカーです。

 

このリールをスピニングとベイトで比較しますと・・・

 

飛距離↓

スピニング>スピンキャスト>ベイト


ライントラブル↓
スピニング(偶発的)>ベイト(人為的)>スピンキャスト(トラブルほとんどなし)

ラインキャパ↓
スピニング>ベイト>スピンキャスト

 

【子供が使う場合の】扱いやすさ↓

スピンキャスト>スピニング>ベイト

 

価格↓
スピニング>ベイト>スピンキャスト(安い)

 

ドラグ↓(スタンディング用の場合)

スピニング>ベイト>スピンキャスト(弱い)

 

前置きが長くなりましたが、上記のメリット・デメリットを踏まえると4g以下のルアーによるエステルラインを使ったアジング・メバリング用に良いのではないかと思いました。

 

f:id:studioazca:20170317001453j:plain

エステルラインは伸びが少なくアタリが伝わりやすいですが、PEよりも弱いラインですので、強いドラグを必要としないので、スピンキャストのデメリットが軽減されます。オマケにエステルラインはクセが付きにくいのでリールスプールへの馴染みが悪くトラブルになりやすいラインですが、スピンキャストは無問題です。


さて、実際にエステルラインで運用となるに、いくつかの注意点があります。

 

f:id:studioazca:20170317001513j:plain

 ZEBCO ゼブコ OMEGA Pro オメガ Z02PROを例に説明します。

 

f:id:studioazca:20170317084006j:plain

ロッドはバンタムスコーピオン1600SSです。今やタックルベリーで5,000円くらいで売ってます。『安くてメジャーなキャバクラロッド』を買うくらいならタックルベリーで程度が良い中古竿を1万円以下で買った方が良いです♪


 落とし穴はコレ↓
『ラインキャパシティ 6LB/85yd』

85ヤードは、だいたい78mですね。

 ナイロン6lbは1.5号だから、このリールのラインキャパは1.5号が78m・・・

・・・じゃないんですな~。


このリールはアメリカ製なので、この6lb表記は引っ張り強度ではなく結束強度なんです。

例えば、線径0.330mmのナイロンは、日本表記の16lbですが、アメリカ表記では12lbです。検査の仕方が違うだけで、アメリカのラインは同じ線径にもかかわらず強度が弱いとか品質が悪いわけでは無いんです。

 

ラインの換算 |

 

なので、アメリカの6lbは、日本の10lb(2.5号)です。

『2.5号が78m』


あとは、シマノとかダイワのリールのキャパをカタログで見て、計算していきます。

『10lbが78m』

『6lbが121m』

『5lbが140m』

『4lbが186m』

『3lb(フロロ)が233m』

『2lb(0.6号)(フロロ)が351m』


今回巻くエステルラインは0.4号ですが、0.6号よりは細いけど、そんなに結果は変わらないので、0.6号だと思って計算すると・・・

0.6号:200mは約57%です。(100m失っても、たった28%の損耗です。)

 

下巻きには、家にあるナイロンの1号を使いますので、残りの43%をナイロン1号で埋めますと・・・1号は80m(43%)です。

 

ナイロンラインは500mで600円とかの安物です。

 

 

マーキングが無いので、計測はプロックス ICデプスチェッカーを使います。

 

 

f:id:studioazca:20170317003311j:plain

早速、ナイロン1号を巻いてみましょう。

 

f:id:studioazca:20170317003518j:plain


このリールはスプールがこのように外せますので、下巻きを手動で並行巻きしますとラインの出し入れしないラインはずっと並行巻きのまんまなので糸巻き形状が良好になります。

このリールはスピニングのようにスプールがオシュレーションするんですが、上下に5mmくらいしか動きません。

f:id:studioazca:20170317003854j:plain

リールで直接巻いた場合、このような糸巻き形状になり、釣りの最中にラインが詰まりやすくなります。

なので、糸巻き形状を平らにする為にはラインリサイクラーで、空スプールを挟み込んで手動で並行巻きする必要があります。

f:id:studioazca:20170317004150j:plain

エステルラインも手動で並行巻きします。

ゼブコがシャロースプール出せばいいのに・・・アメリカ人はアジングしないのか??

 

f:id:studioazca:20170317003920j:plain

実釣後のスプールの様子です。左のスプールはR18フルハードのフロロ0.8号です。

少々、山が出来ました。出し入れするラインの割合が少ない方が糸巻き形状を良好に保つことができます。

f:id:studioazca:20170317004102j:plain

ボトムについているデカアジをジグタンで釣りました♪

スピニングだとライントラブルになりやすいラインをスピンキャストで使うと使いやすいですよ♪

 

Studio AzcAのFACEBOOK
(この文字をクリック)