読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

スピンキャストのサイズアップを検討中・・・。

スピンキャストにエステルライン0.4号を200m入れて、バンタム蠍の1600SSでアジングしてみたら、1~3gのジグやジグタンの調子が、かなり良かったんで、次なるスピンキャストのタックル構成を考えてみました。

 

studioazca.hatenablog.com

 

次なるタックル構成は、スピンキャストのサイズアップですね。

 

面制圧力が強くてスローな釣り方をカヤックで使おうと思いました。カヤックの弱点は何と言っても機動力の無さです。船外機付きのゴムボートや遊漁船のように広範囲にポイント移動することが出来ません。

そして、流されるスピードが1km/h以下じゃないと漕いでばかりの釣行になってしまうので、静粛性が唯一の強みであることも考慮するとバーチカルよりはキャスティングの方が良いと思います。

 

ZEBCOスピンキャストのラインナップを調べてて何となく分かったことがありました。スピンキャストの大きさには3種類あって200グラム台と300グラム台と500グラム台があります。マックのポテトでいうところの『S・M・L』な感じです。

 

f:id:studioazca:20170316234743j:plain

上記の記事『スピンキャスト×エステルライン』で登場したスピンキャスト(omega Z02PRO)はSサイズ(200g台)のヤツです。

 

スピンキャストを紹介しているブログではBASS釣りで使っている場合がほとんどでしたので、Sサイズ(200g台)のスピンキャストの登場ばかりでした。

 

 なので、Mサイズ(300g台)かLサイズ(500g)を使おうかと思いましたが、オフショアではスピニングを多用しているので、タックルバランスのイメージがつかめません。

 

そこで、自分の持っているベイトリールの重さを測ってみることにしました。

f:id:studioazca:20170328023438j:plain

カヤックではヒラマサのトップウォーターにも使っていたエランワイドパワーです。

321g

 

f:id:studioazca:20170328023535j:plain

こちらもエラン同様、アベントゥーラ59とともにカヤックヒラマサのトップウォーターに使っていたアンバサダーUC6500Cハイパワーウィンチですね。

300g台は意外と軽いですね。

 

f:id:studioazca:20170328023719j:plain

そして、こちらは500g台。
これを使うならアベントゥーラみたいなロッドに装着ですね。

 

使う予定のロッドですが、お蔵入りしていたロッドに丁度良さげなのが居ました。
コイツです↓

f:id:studioazca:20170328031326j:plain

ERB-70EXHが近所の釣具店で破格値だったんで、とりあえず衝動に駆られて買いました♪

 

 

f:id:studioazca:20170328024802j:plain

↑リールは、とりあえず、コイツにしてみようと思いました。

ラインキャパを計算しようとしたら、早くも問題が・・・

 

f:id:studioazca:20170328113538j:plain

アメリカのナイロン20lbに近い太さ→日本のナイロン25lb→ナイロン7号
7号・・・だと!?

 

最近のリールのスペック表は6号以降は8号・10号・12号という風に2号おきになっている場合が多くて『ナイロン7号-○○○m』なんて表記は見たことなくてどうしようかと思いました。

 

だがしかし、昔のリールには居ました。

f:id:studioazca:20170328025219j:plain

ココから計算した結果、

日本のナイロン12lb=220m

日本のナイロン16lb=182m

日本のナイロン20lb=137m

 

となりました。

 

PEラインは使いません。理由はPEラインを使用するとスピンキャストの構造上、ピックアップピン、ローター、オリフィス(ライン放出口)の3か所を摩耗してしまうからです。

 

この33MAXっていう機種のピックアップピンはセラミックなんで大丈夫かなと思いますが、どうせ使うなら、スピニングじゃライントラブルになりやすくて使いにくいラインを使ったらどうかなと思いましたんで、このラインを使おうと思います。

 

比重が重いフロロで直結なら、巻物使いやすいし、ラインシステムを組まなくていいし♪

 

f:id:studioazca:20170328032513j:plain

 

ルアーは下関の魔界というべき釣具店で見つけた、あのルアーを運用してみたくなったんですな。

 

そのルアーとはコチラです↓

f:id:studioazca:20170328031548j:plain

f:id:studioazca:20170328031734j:plain

比重が鋳鉄並みで、錆が出ない亜鉛合金の一体成型(亜鉛ダイカスト)ってのに惹かれましたね。ちなみにお値段はなんと・・・

680円!!

亜鉛合金のジグといえば、ティムコのオーシャンドミネーターのキーズとスキップですね。それと同じ素材だと思います。

www.tiga-fishing.jp

 

ルアーって形よりも素材の違いの方が、仕様に与える影響が大きいです。ジグも僕が作っているウッド製のプラグもそうです。

 

このルアーは28gなんで、フロロリミテッド(ハード)で一番太いヤツでいいでしょう♪

f:id:studioazca:20170328032646j:plain

上巻き:フロロリミテッド(ハード)20lbを80m【58%】

下巻き:適当なナイロン12lbを90m【40%】

 

他にも魔界釣具店で見つけた20g台のパッチーノルアーが登場します。

 

広告を非表示にする