スタジオ飛鳥~俺の釣りがサブカルなわけがない!!

思うのは自由だけど、言うのは必ずしも自由じゃないのよん♪

通称:オハギの除去~PEラインに付いてしまうクラゲや海藻などのゴミを取り除きつつシリコンスプレーでメンテナンスする。

毎年、赤潮漂う春の季節になると得体のしれないものがPEラインに付着しますよね。帰宅したら、まず、これを除去します。

 

f:id:studioazca:20170413130055j:plain

コイツですよ(泣)

 

f:id:studioazca:20170413130213j:plain

滑りが悪いと取りにくいので、キッチンペーパーにシリコンスプレーを塗布します。

お値段、2本で500円です。

何かお気づきの方が居ると思われますが、それは自己責任でお願いします♪

 

f:id:studioazca:20170413130310j:plain

高速リサイクラーで回収しつつゴミを挟みつつシリコンを塗りながらラインをリールからドンドン回収します。

 

f:id:studioazca:20170413130510j:plain

ゴミがメチャ貯まりすぎて動かなくなった場合、ゴミを半分だけ連れて行き、残りはそのまま放置して巻き取ります。

 

f:id:studioazca:20170413130355j:plain

リールの下巻きまで到達したら、そこからラインをカットしてゴミを出します。こんな時に下巻きがあると便利ですね♪電車結びで再接続も容易です。

 

そして、反対側にも高速リサイクラーを用意してキッチンペーパにシリコンスプレーを塗布して高速リサイクラーで回収しつつゴミを挟みつつラインを巻いたスプールから回収します。

 

高速リサイクラーが2台要るんです。ごめんなさい。1台しかない場合は、嫁さんか友達に手伝って貰ってください。

お手伝いしてくれる人が思い当たらないボッチは頑張ってAmazonで2台買ってください。高速リサイクラーなんて持っていないのに資産家の如くラインを湯水のように買えない貧乏人も船乗ってないで、まず買いましょう。は~い♪

 

多分、放置して置いてきぼりしたゴミはシリコンスプレーを塗布して滑りが良くなっている部分を通すんで、今度は容易に除去できると思います。

 

こうすることで、良くも悪くも、もともとコーティングされていないパワーハンターのラインなんで、このようにコーティング剤を付ければ、ちょっとは長持ちするような気がします。

 

めんどくさい人向けに、こういうグッツもあるそうです。

f:id:studioazca:20170413125723j:plain

ヒロミ産業株式会社|製品情報|その他ウキ小物|ラストキャスト

世の中には、こういう便利グッツもあるようです。巻き取りの際はラインをブレイクさせないように気を付けましょう♪

 

auctions.yahoo.co.jp

広告を非表示にする